住宅の強度を下げないために重要なこと
安全を確保して自ら修理をする方法
業者に依頼するメリットとDIYのリスク
業者の施行内容とそれまでの応急処置

屋根の雨漏り修理をDIYでするときには安全を一番に考える

屋根による雨漏りトラブルで起きてしまう問題

屋根の破損などが原因で雨漏りが起きてしまった場合、雨漏りだけではなくてさらなるトラブルを引き起こすこともあります。屋根の雨漏りからどのようなトラブルが起きるのかを知って、雨漏りが起きても次の被害に繋がらないように注意しましょう。

起きてしまうトラブルとは?

家に悪影響を与えてしまう
屋根から浸入した雨水は柱や壁を通って徐々に部屋の中に到達します。そのため、部屋の中に到達するまでに通ってきた柱や壁は、雨水をたくさん吸ってしまっているということです。たくさん雨水を吸いこんだ部分は腐食してしまうため、家全体に悪影響を及ぼします。
シロアリが発生してしまう
シロアリは、雑食で何でも食べます。そして、シロアリが好きな環境は、湿気が多い場所です。雨水が浸透して腐食を始めた木材などはシロアリにとっては最高の環境です。シロアリが棲みつき繁殖してしまうと後に住宅が崩壊する可能性もあります。

DIYで屋根の雨漏りトラブルを改善

DIYが得意であれば業者に頼まずに、自ら屋根の雨漏り修理を行なう人もいると思います。屋根の雨漏り修理を自分で行なう場合には、時間もかかることや危険なこともあるため注意が必要です。安全をきちんと確保したうえで作業をするようにしましょう。

DIYでできる修理方法

作業に入る前に安全確保

雨漏り修理をする際には、まず屋根の上の状態を確認しますが、その時には落下の危険も考えて安全ロープなどを付けるようにしましょう。さらに作業に適した格好でヘルメットの装着や滑りにくい靴などを履いて危険が無いように安全を確保しましょう。

洗浄機で洗う

屋根の雨漏り修理を行なう前に、屋根の洗浄をしましょう。屋根にカビや海苔がついていると滑りやすいため危険です。高圧洗浄機を使用し、屋根の上側から下に向けて洗浄するようにしましょう。高圧洗浄機を屋根の上にあげるときは注意して、ロープなどで固定しましょう。

コーキングと塗装

屋根の雨漏り修理で破損、またはヒビがある場合には、コーキング剤で修理するといいです。コーキング剤は、破損している所に塗っていきます。そして、屋根に塗装をします。ペンキを塗るときは、屋根をよく乾かしましょう。ペンキは基本的に下塗りをして次に中塗り、上塗りと3回塗ります。

TOPボタン